<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
生命力。
c0209272_2245312.jpg

長い冬に終わりを告げ、今日( 3月27日 AM2:00 スペイン時間 )から夏時間が始まりました。よって日本とスペインの時差は7時間となりますのでご注意ください。

***


スペインでは暦上 3月21日が日本で言う立春の日となり、ここのところポカポカ陽気が続いていて気持ちの良い日々を過ごしています。
そんな中 山へアスパラ狩りに出かけたのですが、その時にたくさんの野花が咲いているのを見かけました。

c0209272_225928.jpg

暗く寒い冬は地中で力を蓄え 春のおとずれと共に元気よく地上に芽を出し 綺麗な花を咲かせる。
誰かに水をやってもらったり 肥料を撒いてもらう訳でもなく 放ったらかしにされているのに、ぐんぐんと自然のままに精一杯生きる。
そんな静かながらも 強い生命力を持つ野花たちは本当にすごい。

東北地方をはじめ、日本の春の到来もきっともうすぐです。
いま野花のように 力強く生きようとしている日本で、今年は去年以上に もっと綺麗な花をたくさん咲かせてくれますように。
[PR]
by viespa | 2011-03-28 02:36 | カタルーニャの風景
希望。
c0209272_655542.jpg

ポールの勤務先でも赤十字社の募金箱を設置して下さいました。募金して下さった人達へお礼の気持ちとして、千羽鶴を渡しているので毎日 祈りながら折っています。スペインからでも出来る事、引き続きやっていきます。

***


今日で 東北太平洋沖地震が起きてから 12日目。
あのニュースを見た時、体中が震えて涙が止まりませんでした。
言葉では表現できないくらいの衝撃で、あの日以来ずっと心に穴が空いていたようでした。

犠牲者の方々、残された遺族の方々の悲しみ、そして被災者の方々が抱えるこれからの生活・将来への不安、一週間前よりは安定してきたとは言え 今もまだ予断が許されない状況の原発問題など、数えきれない課題がわたし達の祖国には残されています。
それらの事を乗り越えて前進して行くのは、本当に先が長くて 見えなくて、どうしようもなく不安になってしまう様な道のりかもしれません。
投げ出したくなってしまう事も、時にはあるかもしれません。
だけどわたしは 日本が復興した時、今よりも どんな時代の日本よりも もっともっと素晴らしい国になっていると信じています。

日本という国も 日本人も本当に芯が強くて、あんな未曾有の災害を受けながらも 必死で立ち上がろうとしている。
亡くなった人達の分までもと、精一杯生きて 命を大切にしようとしている人達が沢山いる。
悲しみに暮れるのではなく、またこの国を元気にしようと、一からでもやり直そうと 頑張ろうとしている人達が沢山いる。
会ったこともない人達のことを思ったり、その人達のために何か出来る事はないかと、一生懸命考えたり行動を起こしたりしてる人達が沢山いる。

だからきっときっと、日本は今までとは比べ物にならない位 もっと良い国になる。
日本人はいつも強く優しかったけど、これからはもっともっと。

だからわたしも頑張ります。身近な事から一生懸命やっていきます。
[PR]
by viespa | 2011-03-23 07:31 | お知らせなど
CRUZ ROJA ESPAÑOLA(スペイン赤十字の募金開始)
c0209272_7414973.jpg

佐藤尚之さんが企画(森本千絵さんデザイン)されたPray For Japanのロゴをお借りしました。募金箱に貼付けられるように、こちらのサイトから無料ダウンロードできます。


***


スペイン在住の皆様へ。

ようやくスペインの赤十字も募金を開始したようですのでお知らせします。

CRUZ ROJA ESPAÑOLA

出来るだけ多くの スペイン在住のお友達や知り合いなどに、メール、Twitter 、Facebook などを使って拡散して頂けるとありがたいです。

どうか、どうか、多くの命が救われますように。
[PR]
by viespa | 2011-03-14 07:43 | お知らせなど
どうか無事で。
3月11日(金)に起こった 東北地方太平洋沖地震の 被災者の方々へお見舞い申し上げます。

今日は仕事を終えてから 午後はほとんどテレビの実況中継にかじり付いて見ていました。
ニュースを見ていると 目を塞ぎたくなるような映像ばかりが流れていて、胸が締め付けられるような思いです。
愛する故郷 日本がこのような状態になっている事が、未だ現実として受け入れる事ができずにいます。
夜があけて被害の大きさも明らかになりつつあるようですが。。。
分刻みの余震が続き 小さいとは言え 新たな津波も起こっているようですので、被災地の皆様はどうかお気をつけ下さい。

これ以上の犠牲者を出さず、多くの人が無事でありますように。
はぐれてしまった 家族や友達や恋人と無事会う事ができますように。
一刻も早く被災者の方々が 安心できる場所でゆっくり休めますように。
ライフラインが早く復旧しますように。
どうかこれ以上、二次災害が広がりませんように。


:::追記:::


今回の地震に対しての寄付団体が 続々と設置されています。
今わたしに出来る事はこの情報をより多くの人に広めること、そして多くの人の無事を願う事です。

*寄付受付団体一覧がここで見れます。

こちらペリーヌさんのブログでも、寄付団体一覧を始め 様々な情報が見れますので参考にしてください。


またペリーヌさんも書かれているように、今後募金を装った詐欺なども発生する可能性が高い事から 信頼性の高い公的団体の活用をお願いします。
[PR]
by viespa | 2011-03-12 07:34 | お知らせなど
ジプシーの腕。
c0209272_6172066.jpg

日本では数年前からロールケーキブームが続いていて 今でも人気のお菓子ですが、最近は昔以上にいろんな種類のロールケーキが出ていますよね。
ふわふわスポンジ生地にクリームを巻いたプレーンなものから、豆乳や米粉・雑穀を使ったヘルシー志向なもの、見た目もかわいい模様入りのデコロールなど 日本のロールケーキは日々進化しているのですね〜。

ところで日本ではあまり知られてませんが、実はスペインにもロールケーキって存在するんです。
その名も、カタルーニャ語では Braç de gitano(ブラス・ダ・ジターヌ)、スペイン語ではBrazo de gitano(ブラソ・デ・ヒターノ)といって、直訳すると”ジプシーの腕”。
褐色の肌を持つジプシーの腕に似ている事から”ブラス・ダ・ジターヌ”と呼ばれているように、ケーキの色も基本は褐色だけど ケーキ屋さんによっては白いものもあるようです。
↑の ブラス・ダ・ジターヌ はここカタルーニャらしく、ケーキの表面にクレマ・カタラナ(クレーム・ブリュレの原型と言われているもの)の焦がしキャラメルが塗られているので、中のふわふわで甘いクリームとちょっと苦みのあるキャラメルが絶妙に合っていておいしい!生地もふかふかで甘ったる過ぎずクセになる味と食感なのです。

スイーツ王国日本と比べると スペインで美味しいケーキにめぐり合うのは至難の業なのですが、この ブラス・ダ・ジターヌ はかなり日本のロールケーキに近い(もちろんケーキ屋さんにもよりますよ、念のため 笑)。なので急に甘いものを欲した時は、これを目当てに近所のケーキ屋さんに駆け込むのです 037.gif
こうやってこの ブラス・ダ・ジターヌ を食べていると、日本の溢れんばかりにあるスイーツたちを思い出して懐かしくなってしまうのでした。
[PR]
by viespa | 2011-03-08 06:26 | カタルーニャのおいしい
Jornades de La Galera 2011 〜Cambrils〜
c0209272_6475276.jpg

Galera(シャコ)の祭典へ♪

+つづき
[PR]
by viespa | 2011-03-01 07:48 | カタルーニャのおいしい