「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:カタルーニャのおいしい( 14 )
チョコレートの魔術師・Oriol Balaguer
みなさま、ご無沙汰しております。カーニバルシーズンまっただ中のカタルーニャより、こんにちは。
今年もヨーロッパは寒波に見舞われて とても寒い冬だったけど、ここカタルーニャは先週半ばから気温も少しずつ上がってきて 日中は春が近づいているのかな〜という位のポカポカ陽気emoticon-0155-flower.gif という事でわたしも冬眠を終えて またぼちぼち再開していきますよーemoticon-0134-bear.gif
年が明けてもう2ヶ月近く経ってるのに、新年のご挨拶ってのも今さらナンですが(汗)、、、今年もよろしくお願いしまーす♪

c0209272_6251122.jpg
さてさて今日は、カタルーニャが誇るパティシエ/ショコラティエの Oriol Balaguer(ウリオル・バラゲー)氏 のケーキをご紹介♪(夜撮った写真なのでちょっと暗めなのは堪忍したってくださいemoticon-0124-worried.gif
フェラン・アドリア氏率いる、世界一予約が取りにくいレストラン "El Bulli"(現在はクローズ中) のパティシエとして活躍していた彼が得意とするのはチョコレートを使ったお菓子。
2001年にフランスで開催された世界大会でも、彼の独創的で芸術的なチョコレートケーキが優勝しています。

c0209272_6252331.jpg
今回食べたケーキはその世界大会で優勝した "8 textures de xocolata"といって、これひとつで8つの異なるチョコレートのテクスチャーを楽しめるというもの。ウリオル氏の「食べる30分前に冷蔵庫から出しておいてね」という言いつけをしっかり守って食べた感想は、、、超おいしい〜♡食感もだけど 濃厚でチョコレート本来の味をしっかり楽しめて、 素人ながらにも「いいカカオ使ってますな〜」と思っちゃった。スペインでもこんなおいしいチョコレートケーキが食べれるのね!と感動。。。あまいものに目がないポールも、じっくり味わって食べてましたよ〜emoticon-0136-giggle.gif 
スペイン在住の方はご存知でしょうけど、スペインはお菓子の国フランスのお隣さんなのにケーキが大味で平均的に激マズ!なのでこんな繊細でおいしいケーキは貴重なんですよ。

スペイン国内ではバルセロナに2店舗・マドリードに1店舗あって、日本では白金台に1店舗あるようなので、興味のある方はぜひぜひ足を運んでみて下さいませ♪
そうそう、バルセロナのTravessera de les Corts 店は工場も兼ねているので、運が良ければウリオル氏が接客してくれます。レジのところで少しお話したけど、とっても気さくな方でしたよ♪

WEBはこちら→*Oriol Balaguer*
[PR]
by viespa | 2012-02-21 06:33 | カタルーニャのおいしい
La Xatonada - 2011 〜 Vilanova i la Geltrú〜
c0209272_853476.jpg
毎年恒例、La Xatonada(ラ・チャトナダ)へ今年も行って来ました♪


+つづき
[PR]
by viespa | 2011-11-15 08:28 | カタルーニャのおいしい
ジプシーの腕。
c0209272_6172066.jpg

日本では数年前からロールケーキブームが続いていて 今でも人気のお菓子ですが、最近は昔以上にいろんな種類のロールケーキが出ていますよね。
ふわふわスポンジ生地にクリームを巻いたプレーンなものから、豆乳や米粉・雑穀を使ったヘルシー志向なもの、見た目もかわいい模様入りのデコロールなど 日本のロールケーキは日々進化しているのですね〜。

ところで日本ではあまり知られてませんが、実はスペインにもロールケーキって存在するんです。
その名も、カタルーニャ語では Braç de gitano(ブラス・ダ・ジターヌ)、スペイン語ではBrazo de gitano(ブラソ・デ・ヒターノ)といって、直訳すると”ジプシーの腕”。
褐色の肌を持つジプシーの腕に似ている事から”ブラス・ダ・ジターヌ”と呼ばれているように、ケーキの色も基本は褐色だけど ケーキ屋さんによっては白いものもあるようです。
↑の ブラス・ダ・ジターヌ はここカタルーニャらしく、ケーキの表面にクレマ・カタラナ(クレーム・ブリュレの原型と言われているもの)の焦がしキャラメルが塗られているので、中のふわふわで甘いクリームとちょっと苦みのあるキャラメルが絶妙に合っていておいしい!生地もふかふかで甘ったる過ぎずクセになる味と食感なのです。

スイーツ王国日本と比べると スペインで美味しいケーキにめぐり合うのは至難の業なのですが、この ブラス・ダ・ジターヌ はかなり日本のロールケーキに近い(もちろんケーキ屋さんにもよりますよ、念のため 笑)。なので急に甘いものを欲した時は、これを目当てに近所のケーキ屋さんに駆け込むのです emoticon-0136-giggle.gif
こうやってこの ブラス・ダ・ジターヌ を食べていると、日本の溢れんばかりにあるスイーツたちを思い出して懐かしくなってしまうのでした。
[PR]
by viespa | 2011-03-08 06:26 | カタルーニャのおいしい
Jornades de La Galera 2011 〜Cambrils〜
c0209272_6475276.jpg

Galera(シャコ)の祭典へ♪

+つづき
[PR]
by viespa | 2011-03-01 07:48 | カタルーニャのおいしい
Fira del Gall - 2010 〜 Vilafranca del Penedès 〜
c0209272_5111918.jpg

去年にひきつづき、今年も雄鶏たちに会いに行ってきましたよ〜。

+つづき
[PR]
by viespa | 2010-12-20 05:40 | カタルーニャのおいしい
La Xatonada - 2010 〜 Vilanova i la Geltrú〜
c0209272_532579.jpg

今年も行ってきました、La Xatonada(ラ・チャトナダ=魚サラダまつり)。去年はあいにくの雨でしたが、今年は晴れた〜!

+つづき
[PR]
by viespa | 2010-11-23 06:02 | カタルーニャのおいしい
きのこの季節到来。
c0209272_2402793.jpg
Ceramica by viespa

今年もやってきました、きのこの季節。とはいっても、もうそろそろシーズン終盤にさしかかっているのですがね(悲)。今年は寒い日が続いていて ついこの間もピレネーの方で初雪が降ったらしいので、例年よりも早くきのこが死んでしまいそうです(今週はうって変わって気温が高い日が多かったのですが)。なので今のうちに満喫せねば〜。

さてさて、本日のきのこは Rovelló (ルベジョ)というきのこ。卵のような形をしていることからOu de Reig (オウ・ダ・レッチ=西洋卵茸)と呼ばれているきのこ、以前マーケットの記事で紹介したことのあるMúrgola(ムルグラ=編笠茸)や日本でおなじみ Cep(セップ=ポルチーニ)に続いて、スペインではわりと高級品にあたるきのこです。過去にフリカンド という、牛肉の煮込み料理の記事にも登場していた オレンジ色のきのこ。煮込みもいいけど今日はオーブンで焼いてみました。パセリとニンニク、そしてオリーブオイルのソースと岩塩をかけたシンプルな一品です。マーケットで手に入れたバスク産の Entrecot de buey(去勢された雄牛のステーキ)に添えて、あつあつを頂きま〜す♥
[PR]
by viespa | 2010-11-08 02:42 | カタルーニャのおいしい
秋の風物詩、Panellets。
c0209272_0565823.jpg
Ceramica by viespa

ここのとこ すっかり秋が深まってきたバルセロナです。日曜日のAM3:00には時計の針を1時間戻して、長かったサマータイムもついに終了しました。もう今年も残すところあと2ヶ月なんですねぇ。そういえば、数週間前から街角にはやきぐり屋さんがちらほら出始めました。やきぐりはスペインに限らず ヨーロッパの秋冬の風物詩ですが、ここカタルーニャ地方のもうひとつの秋の風物詩と言えば Panellets(パナジェッツ)。

c0209272_0545.jpg
Ceramica by viespa

去年も書いてますが、Panellets は11月1日の万聖節の日にちなんで カタルーニャ地方で食べられる、あま〜い焼き菓子。去年はパステレリアで買ったのですが 今年は作ってみることに。どうせつくるなら日本っぽい味にしてしまおう!と 抹茶と紫芋の Panellets japonesos を作ってみたのですが、これがなかなか美味しくできて差し入れ先での評判も上々でした。

Panellets はベースがアーモンド100%だったり、アーモンド80%+ジャガイモ20%にしたり、各家庭でレシピが違うようですが、今回は友人ピラールに教わったレシピで作ってみました。ピラールは甘すぎる Panellets が苦手で、これでもお砂糖少なめなのよ〜と言っていましたが、↓の分量を見るとやっぱり砂糖の割合が多いので、カロリーが高い事は間違いナシ(笑)。わたしは1、2個食べたら う、、、もういいです状態になるのですが、こちらには甘党の人が結構多くて(特に年配の方々)4、5個くらいペロリと食べちゃう人もいます。うーん、健康の事を考えるとどうなんだろうかー、、、。


***レシピ***

–材料– 
・アーモンドプードル 500g
・ジャガイモ 125g
・砂糖 400g(!)
・卵 1個
・レモンピール 1個分

*粉末抹茶 お好みで
*紫芋パウダー お好みで


–作り方–
1. ジャガイモを皮付きのままで1時間程ゆで、熱いうちに皮を剥きしっかりつぶす。
2. アーモンドプードル、砂糖、卵、そしてレモンピールを加え、手早くまとまるようにしっかり混ぜる。
3. 2を半分に分け、粉末抹茶と紫芋パウダーをそれぞれ加え再度しっかり混ぜる。
4. 冷蔵庫で12時間ほど寝かせる。
5. お団子大に丸めて約10分間、うっすら焼き色がつくまで190℃のオーブンにかける。
6. 最後に粉砂糖を振りかけてできあがり!
[PR]
by viespa | 2010-11-03 05:04 | カタルーニャのおいしい
アスパラの季節到来。
c0209272_23512533.jpg
Ceramica by viespa

アーモンドの花が咲きはじめると それはもうすぐ春ですよ〜の合図。そして梅の花が咲き始めるころには もう春がきましたよ〜♪の合図。こちらの人達は春のおとずれとともに、山へ野生のアスパラガスを探しにいきます。わたしもこの休暇を利用して アスパラ狩りへ行ってきたのですが、山へ着くとたくさんの人達が目をちまなこにして(笑) アスパラを探していました。わたしのイメージでは 山へ行けばそこらじゅうにアスパラがにょきっと顔を出してくれてるんじゃないか、、、だったのですが現実はそうはいかず、まずアスパラの木を探すことから始めなくてはなりませんでした。またそのアスパラの木ってのが いがいがしたトゲの付いた手強いヤツで、そいつをかき分けてアスパラを見つけるのです。ときどきトゲがささったり、歩き回り、同じ体勢(中腰)でずっと探しているので腰は痛くなるし 以外と体力を使うアスパラ狩りでしたが、がんばってたくさん収穫してきました。

適度な運動のあとはやっぱり何か食べないと。ってことで ポールがさっそく収穫したてのアスパラでリゾットを作ってくれました。スーパーなどで売られているアスパラよりも緑の味が濃い感じで、なんというんでしょうか、、、日本の山菜を思い出しました。野生アスパラのシーズンは3月中旬〜4月いっぱいまでのようなので、アスパラ生息地付近にお住まいの方は ぜひぜひアスパラ狩り、挑戦してみてくださいませ〜。(軍手必須!)
[PR]
by viespa | 2010-04-05 01:53 | カタルーニャのおいしい
Fira del Gall - 2009 〜Vilafranca del Penedès 〜
c0209272_0104536.jpg

12月19日と20日の2日間、バルセロナ近郊のワインとカヴァというスーパークリングワイン(シャンパンと同じ製法のもの)で有名な、ヴィラフランカ・デル・ペネデスという町では Fira del Gall(雄鶏まつり)が開催されていました。
↑の写真、鶏まつりとはあまり関係ない感じですが、、、チーズやオリーブオイルなどのお店も出されていて、はちみつ屋さんも出店していました。

+こちらでのクリスマス料理に欠かせないもの、それは鶏。
[PR]
by viespa | 2009-12-23 07:03 | カタルーニャのおいしい