ヨーロッパの道が交差する街、Strasbourg。 〜3日目〜
c0209272_20424519.jpg
きっとまた来るよ、アルザス 035.gif







c0209272_20425967.jpg
ストラスブール最終日は街全体を見てみたい!ということで自転車でぐるっと一周してみました。ストラスブールは運河に囲まれているせいか白鳥が多いけど、街の中心を少し抜けたところにある Quai des Alpes(アルプ通り)側の桟橋はさらに白鳥たちの集いの場の化していましたよ。


c0209272_20431284.jpg
夜中に雨が降ったようであちこちに水たまりができてたけど、そんなことお構いなしにガンガンペダルをこいでいきます。日頃からスピニングで足を慣らしているので余裕余裕〜066.gif この辺りは一軒家が多い地域で公園もあり緑に囲まれていて、閑静な住宅街といった感じ。川の反対側は貨物倉庫地帯っぽくなってたけど。


c0209272_2043246.jpg
雨上がりの澄んだ空気が気持ちいいね〜なんて話していると、何やら見覚えのあるものが、、、


c0209272_2043376.jpg
そうです、風にはためいてるのは日本国旗!この辺に停泊している船は他のヨーロッパ諸国やその他各国からやってきて、そのまま船を住居としている人も多いそうなので、もしかしたらこの船の持ち主は遥々日本からやって来た日本人のものだったのかもしれません。誰もいなかったから確認はできなかったけど。。。なんかここでもまた縁を感じてしまった、、、035.gif


c0209272_20434924.jpg
ガラス張りの近代建築 ヨーロッパ議会。側にはヨーロッパ人権委員会の本部もあるので、この辺りはEU要人の邸宅もあるそうです。


c0209272_2044143.jpg
街を一回りして再びセントロに戻りカテドラルへ。


c0209272_20441457.jpg
ロマネスクとゴシック建築が融合したノートルダム大聖堂の展望台に昇りました。今でこそヨーロッパ最大のカテドラルはケルンのものですが、昔はこのストラスブールのカテドラルがヨーロッパ一の高さを誇っていた時期もあったそうです。この大聖堂にもヴォージュ山脈の赤砂岩が使われていて、微妙な色合いがとても綺麗でした。


c0209272_20442727.jpg
ここからはストラスブールだけでなく、遥かドイツの方までも見渡せます。


c0209272_20444122.jpg
奥の方に見える森は多分ドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)かな〜?


c0209272_20445693.jpg
ドイツに近いだけあって屋根の形もドイツっぽい。


c0209272_20453426.jpg
階段を下っているところ。結構な高さなのでドキドキしながら降りました。。。


c0209272_20451035.jpg
螺旋階段ってキツい、、、降りきった所で足がちょっとガクガクになってしまいましたよ042.gif


c0209272_20455125.jpg
アルザス民族博物館にも行ってみました。


c0209272_204678.jpg
調味料を入れる木箱。ニワトリがかわいい〜♥


c0209272_20464411.jpg
椅子の背もたれも色んな種類があります。


c0209272_20473119.jpg
自然をモチーフにしてデザインされた家具はどことなくガウディっぽいデザイン。下の2枚はお菓子用の木型。


c0209272_2047563.jpg
キッチンも素敵〜016.gif ガスがない時代は火を起こしたり大変だったろうけど、薪を焼べて作られた料理はおいしかっただろうな〜としみじみ思っちゃいました。
この博物館にはアルザス冠婚葬祭の衣装・出産の時に使う椅子(真ん中に穴があいてました)や、キリスト教と深い繋がりのあるユダヤ教の歴史についての展示もあってとても面白かったのでおススメです♪

次はいよいよアルザス旅行紀最終回です058.gif
[PR]
by viespa | 2011-12-07 20:52 |
<< アルザスでも食いだおれ、の巻。 ヨーロッパの道が交差する街、S... >>