ドラゴン伝説の村、Turckheim。
c0209272_6231712.jpg
極上のワインが生まれる村へ。







c0209272_623313.jpg
Turckheim(チュルクハイム)は他の町や村と比べるとやや地味めで目立たない村ですが、実はワイン愛好家からするとアルザスワイン街道では一番外せない村なんだそうです。


c0209272_6234337.jpg
なぜかというとこの村にはドラゴン伝説があって、そのドラゴンのおかげで美味しいワインが生まれるから。

***

昔々まだこの地が平野だった頃、一匹のドラゴンがのびのびとお昼寝をしていました。ポカポカ陽気があまりにも気持ち良かったのかドラゴンはひたすら眠り続け、ついには太陽の熱で溶けてしまったのです。その時に溶け出したドラゴンの血が大地に吸収され、その血が養分となった美味しいぶどうができるようになりました。

***


この伝説が本当かどうかはさておき、実際にこの辺りは雨が少なく日当りも良いので、とってもおいしいワインができるんだそうですよ。


c0209272_624597.jpg
アルザスワインには何種類かあって、チュルクハイムでは Gewürztraminer(ゲヴュルツトラミネール)という品種のぶどうを使ったワインの生産が盛んです。響きがドイツ語っぽいのでお気づきの方もいるかもしれませんが、Gewürz はドイツ語で 「香辛料」を意味するんだとか。その名の通りフルーツや花、スパイス類がミックスされたかのような 多彩なアロマを持つ特徴のあるワインだそうです。確かにフルーティーなだけじゃなくどこかピリっとしたような感じもありました。


c0209272_6241974.jpg
地図も持たずに村を散策♪ とても小さな村なので15分もあれば村をひととおり見て回れます。


c0209272_6243785.jpg
チュルクハイムのシンボル "夜回りおじさん"。この夜回りおじさんはある期間のみ限定で、実際に動いて夜回りをするんだそうですよ〜。


c0209272_6244943.jpg
おちゃめな表情をしたような人の顔っぽい日時計がかわいい♪


c0209272_6251320.jpg
見所らしい見所は特にないチュルクハイムですが、観光客も少なくてゆっくりと食事をしたりのんびりとできる村です。べックオフのお鍋やらワインやら色々お買い物をして、さぁ帰ろうかーと話していたところ、この村を見下ろせるぶどう畑の丘がある事を思い出したので 方向転換してそちらの方へと向かいました。


c0209272_6253099.jpg
かなりの急坂をぐいぐい車で登っていきます。一面のぶどう畑!


c0209272_6254725.jpg
プラスチックの筒のようなもので保護されているのは、まだ植えられたばかりのぶどうの木の赤ちゃん。これが数年後にはまわりのぶどうの木くらい大きくなっちゃうんですよ〜。


c0209272_626362.jpg
このぶどう畑の持ち主かな?何やら和気あいあいと会議っぽいのをやってました。


c0209272_6261772.jpg
ぶどう畑から見下ろすチュルクハイムはこれまたキレイ♥ 素晴らしい景色に満足してこの村を後にしたのでした。

そういえばチュルクハイムは、日本でも大人気の鋳物ホーロー鍋メーカー STAUBの本社がある村なんですよ。わたしもストウブのお鍋を持っていますが、直接火にかけてもオーブンに入れても 火の通り方が絶妙なのでかなり重宝してます(重いけど 汗)。


*おまけ*

c0209272_6264740.jpg
チュルクハイムからリヴォーヴィレに戻る途中でこんなモノを発見。普通の民家の庭っぽかったけど、こんな風に豪華に飾られていました。でも、、、かわいいんだか怖いんだかちょっと微妙なところ。。。025.gif
[PR]
by viespa | 2011-11-09 06:30 |
<< アルザスワインに酔いしれた、O... ぶどう畑と城壁に囲まれた村、R... >>