コウノトリの里、Ribeauvillé。
c0209272_5365225.jpg
コルマールから車で約30分。幸運を運んで来てくれるコウノトリのすみかは、ヴォージュ山脈の麓にありました。






c0209272_5372424.jpg
秋を通り越してそろそろ冬に突入しようとしているのですが、中途半端なまま止まっていたアルザス旅行記の続きです 012.gif もうすでに記憶がうっすらとしてしてきたので、一気に終わらせないと。。。


c0209272_5374747.jpg
Haut-Rhin 県のアルザスワイン街道の拠点として滞在したのが、この Ribeauvillé(リヴォーヴィレ)という緩やかな坂道が続く小さな村。今度記事にする予定の Riquewihr(リクヴィール)という村と雰囲気がちょっと似ているけれど、こちらの方がもっとこじんまりとしていて素朴な感じかな。この村もアルザス建築の特徴である、木組みに優しい色合いのコロンバージュの家々が建ち並んでいました。


c0209272_5381215.jpg
左側に見えるのはリヴォーヴィレの見所のひとつ、Tour des Bouchers(肉屋の塔)。アルザスの小さな村では、くすんだピンクとベージュの組み合わせの建物よく見かけた気がします。


c0209272_538364.jpg
わたし達が泊まったホテルはこれまたかわいらしい黄色い建物の Hôtel du Mouton。色とりどりの建物に囲まれた Place de la Sinne(Sinne 広場)にありました。古いホテルなので床が微妙に曲がってるのですが、それもまたここの味ってことで(笑)。古いけど清潔感があってオーナーの女性も感じが良いのでおススメです。


c0209272_5391363.jpg
この日もポカポカ陽気だったので村歩きが気持ちいい♪ 飼い主の手を離れて個人的に散歩してるモップ犬に遭遇。


c0209272_540980.jpg
木版で作られたかわいらしい表札をいたるところで見かけました。


c0209272_5405640.jpg
中世の民族衣装をまとった女性たちに遭遇したり。


c0209272_5412520.jpg
村の入り口あたりにはシャボン玉を吹くクマちゃんがいて、疲れた旅人の心を癒してくれます。


c0209272_5414837.jpg
ん?どこかで見たことがあるな〜と思っていたら、Camino de Santiago(サンティアゴ巡礼路)のシンボルマークのホタテでした。ここもサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路になってるってことかしら?


c0209272_5454312.jpg
村の外れはあたり一面のぶどう畑に囲まれていました。この写真の奥に見える山の中腹あたりに Château de Saint-Ulrich(Saint-Ulrich 城)が見えます。一見廃墟のように見えるけど、もしかしたら中に入ったりできたのかな?次回はもっと調べていかないと。
過去の記事でも書きましたが、アルザスにとってコウノトリは幸福のシンボルなので 村を見渡すと高い塔の上や教会の屋根の上にいくつかの巣を見ることができます。ここにも巣がありましたが この時はコウノトリさん、どうやら留守のようでした。


c0209272_5421245.jpg
リヴォーヴィレ滞在中は この雰囲気のいいBARでおいしいワインを堪能♪


c0209272_5423375.jpg
朝ゴハン用のケーキ(!)を買いに GILG へ行った時にたまたま見かけた、アルザスらしいかわいいラベルが貼られたワインたち。奥の方にはワイナリーがったので入ってみました。もちろんここでも色々と試飲〜♪白ワインってさらっとしてて飲みやすいからどんどん入っていっちゃう。危ない危ない 028.gif


c0209272_5425882.jpg
ワイナリーから出ると、ポルシェの上にどっかりと寝そべるにゃんこが。ここに路駐してる数ある車の中からポルシェを選ぶとは、、、セレブにゃんこ〜。


c0209272_5432316.jpg
この自転車かわいい♡こんなふうなデコレーションもアリですね。昔コレと似た自転車を持っていたのですが、引っ越しを機に譲ってしまいました、、、惜しいことをしたかもー(悲)。


c0209272_544169.jpg
夕日を受けて輝く聖グレゴリー教会。この村で一番高いところにあるこの教会は、地元の人たちを見守っているかのよう。


c0209272_5442550.jpg
ある日の夕暮れ時、食事をしていると このアコーディオン弾き&ウクレレ弾きの演奏が始まりました。やさしい音色にしばしうっとり。他の村でも遭遇したので、きっとこの辺りを巡業しているんだろうな。


c0209272_5445784.jpg
リヴォーヴィレのシンボル、笛吹きのいる有名なパン屋さん。秋にはぶどうの収穫に合わせて笛吹き祭りが開催されるんだとか。ここでは結局買わずじまいだったので次回リベンジしないと〜。


c0209272_5451893.jpg
ホテルの横にあった、魚のウロコのような壁が印象的な建物。くすんだ青とピンク色の土壁の組み合わせがキレイでした。


c0209272_5394598.jpg
あっ、コウノトリ発見!
今でこそ「カツカツカツー」と元気にくちばしを鳴らしているコウノトリ達ですが、めまぐるしく変わる自然環境のせいで絶滅寸前の危機に陥った時期もあったようです。そんな状況に危機感を持った自治体は、数年前にコウノトリを保護する施設をリヴォーヴィレ近郊に設置しました。その甲斐あってか ここ数年の間にコウノトリの数がぐんぐん増加しているようですよ。このコウノトリもこの後、元気に羽をバサバサしながらどこかへと飛び立っていきました。
[PR]
by viespa | 2011-11-01 06:07 |
<< ヴォージュ山脈の麓の村、Kay... ご無沙汰しております。 >>