ジプシーの腕。
c0209272_6172066.jpg

日本では数年前からロールケーキブームが続いていて 今でも人気のお菓子ですが、最近は昔以上にいろんな種類のロールケーキが出ていますよね。
ふわふわスポンジ生地にクリームを巻いたプレーンなものから、豆乳や米粉・雑穀を使ったヘルシー志向なもの、見た目もかわいい模様入りのデコロールなど 日本のロールケーキは日々進化しているのですね〜。

ところで日本ではあまり知られてませんが、実はスペインにもロールケーキって存在するんです。
その名も、カタルーニャ語では Braç de gitano(ブラス・ダ・ジターヌ)、スペイン語ではBrazo de gitano(ブラソ・デ・ヒターノ)といって、直訳すると”ジプシーの腕”。
褐色の肌を持つジプシーの腕に似ている事から”ブラス・ダ・ジターヌ”と呼ばれているように、ケーキの色も基本は褐色だけど ケーキ屋さんによっては白いものもあるようです。
↑の ブラス・ダ・ジターヌ はここカタルーニャらしく、ケーキの表面にクレマ・カタラナ(クレーム・ブリュレの原型と言われているもの)の焦がしキャラメルが塗られているので、中のふわふわで甘いクリームとちょっと苦みのあるキャラメルが絶妙に合っていておいしい!生地もふかふかで甘ったる過ぎずクセになる味と食感なのです。

スイーツ王国日本と比べると スペインで美味しいケーキにめぐり合うのは至難の業なのですが、この ブラス・ダ・ジターヌ はかなり日本のロールケーキに近い(もちろんケーキ屋さんにもよりますよ、念のため 笑)。なので急に甘いものを欲した時は、これを目当てに近所のケーキ屋さんに駆け込むのです 037.gif
こうやってこの ブラス・ダ・ジターヌ を食べていると、日本の溢れんばかりにあるスイーツたちを思い出して懐かしくなってしまうのでした。
[PR]
by viespa | 2011-03-08 06:26 | カタルーニャのおいしい
<< どうか無事で。 Jornades de La ... >>