Saint-Jean-de-Luz(Donibane Lohizune) 〜France〜
c0209272_7453448.jpg

いつか行ってみたかった町、フランスバスクはサン・ジャン・ド・リュズ(バスク名:ドニバネ・ロイスネ)へ。




c0209272_745573.jpg

スペインバスク大好きでも、せっかく近くまで来てるんだから 行っとかなきゃソンなフランスバスク。今回はじめてのフランスバスクでしたが、なぜ今のいままで行かなかったんだろうか、、とちょっと悔しくなってしまうくらい、サン・ジャン・ド・リュズは バスクらしいおおらかさ+かわいらしいフランスのエッセンスが ぎゅっと詰まった素敵な港町でした。

c0209272_7462740.jpg

日帰りで行ったので心ゆくまでとはいかなかったけど、小じんまりとしたバルでおいしいワインを飲んだり、町を散策中かわいらしい雑貨やバスクリネンを見つけて大興奮したりと、限られた時間でしたが楽しく過ごせました。

c0209272_7464589.jpg

ビーチの方まで行ってみると、あ、なんだか雰囲気がサンセバに似てるかも〜。ここでも砂浜を散歩したり 座ってまったりしたり、みなさん思い思いの時間を過ごしているようでした。

c0209272_747452.jpg

白壁に木組みというのがバスク地方の伝統的な家なのですが、木組みの部分はたいてい赤か緑でペイントされています。この前の記事でも書いたように、白・赤・緑はバスクのナショナルカラーなのでそこから来ているんでしょうね。

c0209272_7472152.jpg

こんなバスクカラー100%な雑貨屋さんも(^_^)

c0209272_747388.jpg

カラフルなかわいらしい家々。この中のどれでもいいから住んでみたい!

c0209272_7475694.jpg

フランスではサッカーの他にラグビーも人気のスポーツのようで、このお店では各チームのプレートが売られていました。もちろんサンジャンチームのもありましたよ〜。

c0209272_7481597.jpg

そしてこちらはこの間の記事でも少し触れた、バスクのシンボルマーク Lauburu(ラウブル)。どことなく日本の巴紋にも似ていますよね。
町を歩いているとこんなふうに建物の壁や扉など至るところにさりげなく、それでいてしっかりとその存在感をアピールしていました。
バスク民族のアイデンティティーを示すと言われているこの Lauburu。Lau=4、buru=頭で "4つの頭 " ということだそうです。
バスク民族や バスク語を含むバスク文化の起源はとても古い上 由来も不明なので、このラウブルの意味も確かなことは分からないようなのですが、この4つの頭にはそれぞれ火・水・大地・空気という意味が込められていると言われていたり、右まわりは生・左まわりは死を意味しているという説、また別の説では太陽を表していると言われていたりと かなり曖昧なんだそうです。ただ一つハッキリしている事は、この Lauburu はバスク民族の誇りというところでしょうか。

c0209272_7483689.jpg

ふと見上げるとベランダにある変なものが目につきました。

c0209272_7485239.jpg

ズームしてみると、ん?バスクのサンタさん的存在、オレンツェロさんじゃありませんか〜。サンセバの記事でも登場していましたが、バスクの子供たちはサンタさんよりも、このオレンツェロがクリスマスのプレゼントを持って来てくれると信じてやまないんだそうです。

c0209272_7493718.jpg

そしてフランスバスクに行ったもう一つの目的、それはMaison Adam のマカロンを買うこと。

c0209272_749521.jpg

日本でもマカロンは人気のフランス菓子としてすっかり定着していますよね。マカロンと言えば真っ先にラデュレやピエール・エルメをイメージしてしまうかもしれませんが、実はフランスで最初にマカロンが作られたのはここメゾン・アダムらしいのです。
Lauburu が描かれたかわいらしい缶入りのものを買ってみました。フタの裏側にはここでどのようにしてマカロンが生まれたかという説明も書かれています。

c0209272_75094.jpg

普段食べ慣れているカラフルなマカロンとはちょっと違いますが、ここのは見た目も味も素朴な感じのちょっと不思議な食感のマカロンで、さくさくなのに どことなくもちっとしてました。

c0209272_7504914.jpg

マカロンの他にも目移りしてしまうおいしそうな焼き菓子がたくさんあったので、その中から2つ買ってみることに。
この緑色のお菓子は、Chemin de ferという名のピスタチオ風味の焼き菓子。アーモンドプードルがベースになっているらしく、しっとりとしていて美味しかったです。

c0209272_7514491.jpg

そしてこちらはクルミのガトー。オレンジかレモンのような柑橘系のコンフィチュールが入っていてさわやかな味でした。わたしにはちょっと甘すぎでしたけど(笑)。

c0209272_7523848.jpg

そしてもうひとつのマカロンで有名なお店 PARIES にも行ってみました。

c0209272_7533365.jpg

ここのは見た感じよく見かけるごくごく普通のマカロンだな〜と思っていたのですが、食べてみたらやはり普通のマカロンとは違いましたね。↑のメゾン・アダムのもそうでしたが 華やかさには欠けるけど、すごく素朴でどこかなつかしいような味で しみじみと味わって食べたいマカロン。
いくらマカロンが好きだとは言え、そんなには食べないだろう、、、と思ってここでは4個しか買わなかったのですが、あっという間に完食してしまったので(メゾン・アダムのマカロンも、、笑)今度サンジャンへ行った時はたくさん買い込まないと、、、037.gif

次回はサン・ジャン・ド・リュズのお隣、ビアリッツ+赤い村についてです♪
[PR]
by viespa | 2011-01-28 08:03 |
<< Espelette+Ainho... 食いだおれの街 San Seb... >>