おとぎの国ニュルンベルク。
c0209272_512667.jpg

ずっと行ってみたかった場所 Nürnberg は朝靄に包まれていました。





c0209272_4145170.jpg

ミュンヘンからニュルンベルクまでは電車で約1時間半。ミュンヘンを抜けて間もなくするとこんな雪景色が広がっていました。

c0209272_314384.jpg

ニュルンベルク中央駅につくとうっすら朝靄がかかっていて、朝早かったので気温も低くて寒かったー。↑の写真の塔は職人広場の入り口ですが、この日は日曜日で閉まっていたようなので、とりあえず旧市街地の方に向かって歩いてみました。

c0209272_3143270.jpg

中央広場には フラウエン教会 と シェーナー・ブルンネン(美しの泉) があります。クリスマスの時期にここで開催されるクリスマスマーケットは有名ですよね。ちなみにこの シェーナー・ブルンネン は鉄柵で囲まれているのですが、ちょうど写真左側にみえるカップル?のいるあたりには鉄の輪が掛けられています。この鉄の輪を3回まわしながら願い事をするとその願いが叶うというのを聞いていたので、わたしもさっそく回してみましたよ〜。

c0209272_315191.jpg

朝ごはんも食べずに出発したのでお腹がすいてきました、、、一軒だけ開いてるっぽいバーがシェーナー・ブルンネンの前にあったので入ってみることに。頼んだ物はもちろんニュルンベルクソーセージ♪ここのはそれなりにおいしかったけど普通。前日にミュンヘンで食べたものの方が断然ジューシーでおいしかったです。付け合わせのザワークラウト はすごく好みの味でおいしかった。ザワークラウトって酸っぱすぎて以前はあまり好きじゃなかったけど、ドイツに来るようになって好きになりました。こっちで食べるザワークラウトは酸味が強すぎずやさしい味がするんですよね。

c0209272_3152828.jpg

お腹も満たされたことだし散策再開。カイザーブルク目指して緩やかな坂道を登ります。

c0209272_3155968.jpg

聖セバルドゥス教会のお隣には、ブラートヴルストホイスレというニュルンベルクソーセージ専門店があってお昼はぜひともここで!と思っていたんですが閉まってましたー。残念。。。

c0209272_3162741.jpg

カイザーブルクに到着〜。

c0209272_3165993.jpg

高台にあるだけあって、ここからはニュルンベルクの街が一望できました。

c0209272_3172516.jpg

おもちゃのようなかわいいお家の屋根。子供のころ、こんな屋根裏部屋に住むのが憧れでした。

c0209272_318073.jpg

公衆トイレまでもとんがり屋根でメルヘンの世界でした。

c0209272_3183079.jpg

天国の門 には鷹のような絵が描かれていました。中世の頃、罪人が中央広場からここまで走ってきて、追跡人を振りはらってこの門の中に逃げ込めば罪を免れられるという言い伝えがあったそうで、それで天国の門と名付けられたそうです。

c0209272_319040.jpg

ジンヴェル塔と深井戸の小屋。第二次世界大戦中に街のほとんどが戦火にのまれたようですが、この塔だけは無事だったようです。

c0209272_3192744.jpg

ティアゲルトナー門広場に面したところにある画家デューラーの家。(写真中央のお家)

c0209272_3195351.jpg

かわいらしいお家が並びます。

c0209272_1274340.jpg

こんなふうにかわいい アイアンの細工がほどこしてあるお家がたくさんありました。

c0209272_3223960.jpg

ペグニッツ川に架かるマックス橋。奥に見える三角屋根の塔がある建物は監獄だったそうです。

c0209272_3203919.jpg

c0209272_3211310.jpg

マックス橋のとなりには屋根付きの橋ヘンカーシュティークがあります。こんなかわいらしいヘンカーシュテークですが、その意味は "死刑執行人の小橋" だそう。なんだか見た目と名前が合ってないですよね。ヘンカーシュティークはこの石造りの部分と木造の部分2つに別れていて、中州を繋いでいます。

c0209272_3231621.jpg

上のヘンカーシュティークを反対側からみたところ。隣には三角屋根のワインハウスがありました。

c0209272_1421471.jpg

ここは上の片割れのヘンカーシュティーク。こちらは木造の素朴な感じでした。

c0209272_1141315.jpg

このお昼ごはんは*Bratwurst Roslein*にて。またしても?という感じですが、ここでもニュルンベルクソーセージを注文しました(笑)。だって食べ比べしてみたかったんだもん。。。ちなみに一番おいしかったニュルンベルクソーセージは、前日にミュンヘンで食べたものでしたが 笑。この時もいろいろ頼んでしまったのでまたもや食べ過ぎ、、、 苦。ちなみにこのレストラン、わんこ連れでもオッケーでドッグフードやお水なども用意されていました。

c0209272_325575.jpg

レストランから出ると雲ひとつない青空がひろがっていました。

c0209272_3261873.jpg

聖セバルドゥス教会の前に、ピーター・グリフィンがたたずんでいました 笑。本当にピーターの実写版かというくらいソックリだったんですよ〜。

c0209272_3264772.jpg

帰りの電車までまだまだ時間があったので、またまた腹ごなしも兼ねてカイザーブルクに行くことにしました。

c0209272_3271682.jpg

さっきもここに来たのに天気が変わるだけで全然ちがって見えますね。真っ青な空に赤煉瓦が映えます。

c0209272_3274496.jpg


c0209272_328482.jpg

ゆっくり行かないと滑って転んでしまいそうな坂道。

c0209272_3283184.jpg

朝来た時よりも家族連れでにぎわっていました。

c0209272_330662.jpg


c0209272_3303319.jpg

お日様のおかげで徐々にポカポカ陽気になってきました。こうなってくると厚手のコートがじゃまだ~。

c0209272_3305924.jpg

朝ティアゲルトナー門広場に来た時は気づかなかったのですが、この広場の片隅には、デューラー代表作 " ウサギ" を模したちょっとシュールな感じのウサギのブロンズ像がありました。

c0209272_1431236.jpg

それがこちら(爆)。見ての通り「模した」とはいっても、デューラーのかわいいウサギとは似ても似つかないですね、はい 笑。

c0209272_3312523.jpg

フラウエン教会も太陽に照らされて輝いていました。

c0209272_3314798.jpg

からくり時計は見逃してしまいました、、、ああ、残念(泣)。

c0209272_3321761.jpg

ペグニッツ川水面に映った姿が印象的な聖養老院。ここは1331年に社会福祉施設として建てられたものだそうです。

かなり歩いたのでカフェで一息ついてぼーっとしてたら、いつの間にか電車の時間になってました。気づいた時は結構ギリギリでダッシュで中央駅に向かいました、、、(汗)。今回は日帰りだったけど、次回は何泊かしてゆっくり過ごしてみたいなーと思うくらい素敵な街でした。できたらクリスマスマーケットの時期がいいな~。
[PR]
by viespa | 2010-09-14 04:27 |
<< 東京は夜の7時。 ミュンヘンへ。 >>