ベルリンのクリスマスマーケット その2 ~Weihnachtsmarkt vor dem Schloss Charlottenburg~
c0209272_1394363.jpg

かつて西ベルリンだった場所にある離宮、シャルロッテンブルクのクリスマスマーケットへ。




街の中心からはちょっと離れていますが、豪華絢爛なバロック様式と所蔵されている陶器で有名なシャルロッテンブルク宮殿のマーケットに行ってきました。宮殿内部の見学もしたかったのですが、ガイドツアー形式の入場のみしか許されず時間にも限りがあったので、今回はあきらめて外観だけを楽しむことに。外観だけでもじっくり見ようと思っていったのですが、おいしい匂いに誘われてマーケットの方にばかりいましたが 笑。

c0209272_20453927.jpg

ネットで調べた情報によると朝11時からと書いてあったのですが、本格的にお店が開きだしたのは12時。わたし達がついた頃は11時半くらいで人もまばらで閑散としていたので、もしや今日はお休み?とすこし不安になりましたが、ちょこちょことシャッターが上がりだしたのでホッ。

c0209272_1411140.jpg

ポーランドのソーセージ屋台が出ていました。

c0209272_1412644.jpg

クラカワという粗挽きソーセージ。さすが粗挽きだけあってパリパリ、ジューシーでおいしかったです。すごく大きいのでこれだけでかなりお腹いっぱいになります。

c0209272_20445168.jpg

他のマーケットでは見かけないロシア風屋台もありました。ここではポーランドとかロシアとかの、東ヨーロッパ系の屋台も多かった気がします。

c0209272_1423058.jpg

バームクーヘンのお店。

c0209272_144092.jpg

スペインでもおなじみトゥロンのお店。アーモンドと卵、大量のお砂糖で作られています。

c0209272_1455034.jpg

ニュールンベルクのドライフルーツ入りパン。

c0209272_2043446.jpg

燻製製品のお店もありました。

c0209272_1451244.jpg

この右上のソーセージにはこのままマスタードをつけて食べます。ちょっとサラミっぽいけど、サラミよりもあっさりした感じでお気に入りのドイツの食べ物のひとつ。

c0209272_1481039.jpg

グリュ-ワインの屋台。グリュ-ワインはやっぱり一番冷え込んでくる夜の方が売れるらしく、昼間グリュ-ワインを飲んでる人はあまりいなかったような。どちらかというとみんなビール飲んでたかなー。

c0209272_20415147.jpg

ドイツのクリスマスには欠かせない木製クリスマスオーナメントのお店。かわいいアーチ型キャンドルスタンドがありました。

c0209272_1425372.jpg

この兵隊のクリスマスピラミッドもかわいらしい。

c0209272_146459.jpg

鳥の巣箱のお店も。こども達でにぎわっていました。

c0209272_1485090.jpg

レースでできたオーナメントのお店。精密に作られているのでじっと見入ってしまいました。

c0209272_149838.jpg

プロバンス産ラベンダーを使用したサシュのお店も。この日は20%オフだとかで4ユーロに値下がりしていたので、ついつい買ってしまいましたー。ドイツまで来てフランスのサシュを買うなんて、、しかもこのお姉さんはロシア系っぽかったし 爆。

c0209272_1493540.jpg

カラフルなオーナメントのお店。クリスマスピラミッドだけでなく、キッチンとかバスルームとかのミニチュアもあって、どれもこれもかわいらしかったです。

c0209272_1501291.jpg

この兵隊の人形香炉はすごーくきれいな作りで、兵隊の部分だけでなく、兵隊が持ってるおもちゃとか木炭の部分とか かなり細かく作られていました。

c0209272_1502959.jpg

超ミニ聖歌隊。すごい職人技だなーとしみじみ。

c0209272_1515134.jpg

やっぱり昼間のマーケットは空いてていいですねー。

c0209272_2048093.jpg

宮殿のまわりを散歩してる地元の人らしき人もたくさんいました。わたし達も宮殿周辺ひとまわりして、次の目的地へと向かいました。
[PR]
by viespa | 2010-01-21 05:38 |
<< ベルリンのアンティークマーケットへ。 ベルリンのクリスマスマーケット... >>