Chateau La Roussille 〜Cahors〜
c0209272_175852.jpg

貴族の邸宅に泊まってみました。





c0209272_3564969.jpg

カオールの中心地から車で約5分。
小高い丘が見えてきてシャトーらしき建物もちらっと見えるので、そろそろ入り口が出てくるはず、と注意深く見ているとありました。車1台がかろうじて通れる小さな入り口が。
うっそうとした木々に囲まれた急な坂道を登りきると、目の前にシャトーが現れました。

c0209272_1361555.jpg

とっても上品でかわいらしいオーナーのマダムが出迎えてくれました。このシャトーは4室限定なので行くと決めたら早めに予約しといた方がいいかもしれないですね。

*Chateau la Roussille*

c0209272_135413.jpg

今回わたし達が泊まった部屋は、バッカス(酒神)の間。パープルを基調としていて落ち着いた感じの部屋でした。
ふと見ると、タンスの上のなにやら怪しい人の顔が・・・そう、バッカスの顔が飾ってありました(笑)。部屋には何カ所かにランプが置いてあったのですが この顔の下にもランプが置いてあって、夜スイッチを付けてみたらちょうど彼の顔が真下から照らされて、ますます怪しげな感じに・・・怖。

c0209272_492142.jpg

部屋に荷物を置いたら、ちょっと庭をさんぽ。もう泳げないけどプールもあります。

c0209272_3592926.jpg

敷地内にあった別のお宅。もしかしたらオーナーのお宅だったのかも?

c0209272_1345948.jpg

チェスの間とビリヤードの間がありました。でも、遊んでる人は見かけませんでしたが(笑)。
ビリヤードの間にはこのカオールのメインモニュメント、Valentre橋についての構造図のようなものが飾ってあります。

c0209272_1341919.jpg

翌日の朝ごはんは焼きたてのクロワッサンやブリオッシュなどなど。木いちご、イチジク、ルバーブなどジャムの種類も充実してました。
普通のヨーグルトとギリシャヨーグルトがあったので、わたしは迷わずギリシャヨーグルトを選びました。スペインでもギリシャヨーグルトは大人気なのですが、このねっとーりとしたコクのある感じがたまら〜ん。しぼりたてのオレンジジュースが 寝起きの頭をすっきりさせてくれます。

c0209272_441870.jpg

出発前にもう一度 シャトーのまわりをぐるっとさんぽ。

c0209272_4143545.jpg

c0209272_471931.jpg

つたも綺麗に紅葉していました。

このシャトーはホテルというよりもB&Bタイプのペンション的な宿でしたが、建物の保存状態もすばらしいし(1940年代にリーフォーム済み)清潔感もあったし、何よりオーナーがとってもかわいくって感じのいい方だったので、この宿にして良かったな〜と思いました。

わたし達が泊まったプランには、カオール産ワインの試飲(通常はグラス1杯ずつのハズ)が付いていたのですが、それをオーナーに伝えるとボトル1本出してきて、はいどうぞ ってそのままグラスとコルク抜きと一緒に渡されました。ポールとわたしはちょっとびっくりして、え、まるごと1本?と聞いたら、好きなだけ飲んでね〜 とのことでした 笑。
[PR]
by viespa | 2009-10-17 07:02 |
<< Saint-Cirq Lapo... Cahors 〜France〜 >>